スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年日本映画ベストテン

<2011年日本映画ベストテン>

1. ひとみのひとみぼっち(第2回)
2. サウダーヂ
3. 予告する光 gozo Cine
4. DV
5. 死ね!死ね!シネマ
6. 東京公園
7. 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
8. 一枚のハガキ
9. ギャルバサラ
10.制服の芽3D

次点は『若きロッテちゃんの悩み』『終わってる』など。『CUT 』は未見。どんどん興味が薄れてゆく園子温の、今年の2つの力作については、底の知れたアンモラルに白けてしまい、瀬々『アントキノイノチ』の商業映画との闘いぶりには、そのハードル設定がそもそも古いと感じてしまいました。その一方で、クオリティの高い自主映画群の、そのテの界隈の評価に自足してしまっている雰囲気にも、どこか居心地の悪さを感じてしまっています。

3.11以後、映画作品一つ一つのもつリアリティの水準、あるいはその映画の自己同一性を結晶させてかたちづくるリアリティの保証が揺らいだ。観るほうも、送り手も、リアルの強度に意識的でなくはいられなかったでしょう。
全部はしょって言うと、私たちの知る映画は、シネマは、死んだ。そう感じています。残されたのは、そのようなものがあったという記憶と郷愁。未来の映像、ある一定の長さの、ひとつひとつ強度の異なる映像の断片が拡散し浮遊する世界で、シネマの記憶をもつわれわれが、そこに快楽と歴史と感情を勝手に読みとることになるでしょう。
現在進行形、『ひとみぼっち』の故なき美しさ。『ハロプロtime』といったい何がそれほど違うのか。カメラが、美しい少女の“理由なき”笑顔と笑い声を、世界に拡散するようにして、刻む。音響を伴う映像というものの歴史がそれを可能にした。それだけでも、映画の歴史は無駄ではなかったと判断したい。1を代表とする女子流の、毎日のようにユーストリームに垂れ流される膨大な映像群もそうですが、2~5も、ある映像の断片が、もうひとつの断片を引き寄せてゆきそしてその総量が膨張してゆく、その映像のあり方に、刺激があった。6~8の、脱臼した不気味なリアリティの強度。9、10はスクリーンで、2年追い続けた木崎ゆりあを観れた素晴らしさ。しかし、『制服の芽』は玲奈のソロ曲枯葉のステーションをディゾルブ処理するとか、せっかくの3Dの効果を台無しにするような場面がたびたび目について不満があるのでこの位置です。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【2011年日本映画ベスト】

<2011年日本映画ベストテン>1. ひとみのひとみぼっち(第2回)2. サウダーヂ3. 予告する光 gozo Cine4. DV

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
最新の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。