スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイクするチャンス

ひとみ「
『瞳』

先日、TBSの昼ドラ(制作は中部日本放送)、『みこん六姉妹2』が終わりました。
三女の三笑役が広澤草から太田有美に変わったほかは全キャストが一作目からの続投で、お父さんの大和田伸也が全員未婚の娘たちに結婚しろとシツコクせっつくという他愛ないホームコメディの世界観を生暖かく守っていて、優しい心持ちになる。6人の娘にそれなりに均等にエピソード配分がなされていた前作に比べて、今回は主人公・二葉(はしのえみ)のエピソードの比重がかなり大きかった。で、前作で結婚寸前までいった大藪保(綱島郷太郎)と二葉(ごとき)を争う新キャラとして登場した和菓子職人=クリキンを、青木伸輔が演じていました。

クリキン/青木伸輔と同じく和菓子屋『寿や』の従業員である俊くん役はDーBOYSの柳下大(同じくDーBOYSで、仲良しだという『キバ』の瀬戸康史と同系統の中性的な男子)で、こちらは新進のアイドル的俳優として、これからの躍進が約束された安泰な未来がみえるのに対し、かつていくらでもチャンスがあったように見えたのにブレイクし損ね、いたずらに年輪を重ねて三十代に突入している青木伸輔の、恋愛話での最重要キャラとしての登用は、昼ドラとはいえ最期の大きなチャンスと傍目には見えました。(柳下大の役名が“青木”俊だということからみて、青木伸輔のキャスティングは当初から予定されていたわけではないと思われます‥と三田佳子みたいなことを言ってみる)

前に『STILL I'M IN LOVE WITH YOU』の項で、青木伸輔についてそれほどの証拠もなく言ったのは、性格に問題があるから疎まれてブレイクしなかったんじゃないかという推測でしたが、それが本当かどうかはともかくとして、今回、その乱暴で憎々しげな側面のキャラを前景に、芯は男気とシャイネスという、ある種の類型的な男の魅力を提示。ある程度は視聴者のハートを掴めたんじゃないでしょうか。『2』はようするに『はいからさんが通る』で、生還する元婚約者の大藪保が少尉(伊集院忍)のポジション、一歩引いて愛する、青木伸輔演じるクリキンが編集長(青江冬星)ということになるとすると、最終的に大藪保が二葉/はしのえみとゴールイン、というのが定石かと思われますが、最終回、逆転のすえにクリキンが二葉と結ばれたのは、視聴者の声がクリキン/青木伸輔を後押ししたのではないでしょうか。そうだとすれば、今後この鉱脈というか方向性で勝負すべきか?そこまでの需要があるかどうかというのもありますが‥。



hitomigazou.jpg
『瞳』

現在放送中のNHK朝ドラ『瞳』には、主人公の瞳/榮倉奈々がダンサーを夢見るということもあって、そっち方面のファンには嬉しいキャストが名を連ねています。
AAAの宇野実彩子、元Folder5の満島ひかり、元BOYSTYLEの田野アサミ、EXILEのマキダイと、同系統のダンスボーカルユニットの面々が並ぶ。ここにdreamのメンバーがいないのが不自然なくらいのメンツですが、現在のエイベックスの意向からすると納得がいく気もする。ブレイクという点からはEXILE以外順風満帆とは言い難い他キャストにとっては、顔を売る大きなチャンス。しかし、宇野実彩子もてっきりダンスするもんだと思っていたら本筋の〈里親制度〉のほうでの役柄でした‥‥だったら彼女である必然性は何もない気が‥。いつか瞳/榮倉奈々と合流してダンス的に結ばれるかもと淡い期待をしていましたが、どうにもそんな展開にはまったくなりそうもない。しかし、これまでの出演作中、最も魂を感じられる役だし、出番は多くないながらもダンススクールのメンバーより強い印象を残すもうけ役ともいえます。

榮倉奈々、田野アサミ、といった『ダンドリ。』同志とダンスチームを組むダンサーの卵、といった役どころの満島ひかりは、アイドル女優として地味ながら地道にキャリアを重ねていて、現状は正直パッとしないかもしれませんが、このような路線で我慢して継続していればひょんなきっかけで間違いのようにブレイクすることがままあるということは過去の幾つかの例が示しています。運が良ければ‥というか幸福な作品的な出会いがあればという話ですが。幸い、プロモーション能力の殆どないエイベックス系の事務所ではなく、バーニング系列の事務所に所属しているためか(Folder5はレーベルはavexながら沖縄アクターズスクール繋がりで所属はヴィジョンファクトリー、解散後は傘下のぱれっとへ)、出演作品選定にそれほどのミスはなく、金子修介監督の大ヒット作『デスノート』二部作(06)で名を売った翌年、映画初主演作(『僕の彼女とその彼氏(ゆうれい)Drop in Ghost』、※1)に園子温監督作(『エクステ』)を経て、今年は園子温作品(『愛のむきだし』!!期待大)と金子修介作品(『プライド』‥期待薄)にふたたび登場、と「わかってる」売り出しかた。観ている感じでは『瞳』で大ブレイクってことはなさそうですが、ライト層にはあまりイメージのない「ダンスが達者」という部分を全国的にアピール出来ただけでも収穫だと思われます。

ダンススクールの先生役の香子というひとは良く知らず、調べてみるとどうやらEXILEの事務所(LDH)のかたのようで、経歴をみると2004年の舞台『BEAT POPS“FIGHTING GIRLS(たたかう女のコ)”』(以下『FG』)に出演していたらしい。この『FG』は、松本莉緒主演ということになっていますが実質的にはdream主演といってもいいミュージカルで、同年のEXILEの舞台『HEART of GOLD~STREET FUTURE OPERA BEAT POPS~』(以下『HoG』)とは姉妹編であって、補完しあう対になった関係にある作品(正確には『HoG』が本編で、『FG』がイントロダクションという位置付け)、dream『FG』×EXILE『HoG』というコラボの記憶の古層から浮上してきたようにして、『瞳』世界のダンス的頂点に、EXILEのMAKIDAIとともに、『FG』に出演していたというLDH所属の香子が鎮座する。こうしてみえてくるのは不自然なまでのdreamメンバーの不在(dream/DRMはEXILEの妹分という位置付けもあった)。その旧dream/現DRMは現在フィットワンからの契約解除→移籍という不穏な噂がひろまっていて、LDHに拾われないかなという希望的観測が浸透していますが果たしてどうでしょうか。

抹消対象とはいえ、アミューズ系のBOYSTYLEというか田野アサミが出演するというのなら、曲がりなりにも(制作協力の)avex系であるDRMの誰かが出演するほうが自然じゃないのかと憤らなくもないけれども、噂通り普通にDRM高本彩がオーディションで落ちただけだというなら仕方ない気もする。現状の田野&満島のキャラ設定をみると、DRMメンでは西田静香さんならフィットしたかも‥と思うが時既に遅し。

文章の成りゆき上ないがしろ(ぎみ)にしてしまいましたが、元BOYSTYLE田野アサミは、ブレイクを逃し続ける非運な流転を経て、運命のように『瞳』に辿り着いたようにみえます。キャレス出身(大阪のボーカル&ダンススクール、前述西田静香もキャレス出身)に大成する者無し、と言われるキャレスの出でありながら、例外的にブレイクした村川絵梨もかつてはBOYSTYLEメンバーで、彼女がNHK朝ドラ『風のハルカ』(05)のヒロインに抜擢され、ブレイクしたことにBOYSTYLE解散の原因のひとつがあったとされ、そうだとするなら解散後女優に転身することになった田野アサミにとって、NHK朝ドラのレギュラー出演を勝ち得たことは、運命的であるように、感慨ぶかいものだったんじゃないでしょうか。
役柄的には、それ程の印象を残せなかった『ダンドリ。』時と同系統の役で、残念ながらこちらもこれひとつでブレイクに繋がるとは思えませんが、『ダンドリ。』よりは余程注目度の高いNHK朝ドラというメディアで、どこまで鮮明な像を結べるか。“アイドル”女優というエクスキューズ抜きにはブレイクは難しそうな満島ひかりとちがって、たんにひとりのアクターとして勝負出来そうな瞳と存在感をもつ田野アサミですが、それだけにかえってブレイクの困難がありそうな気もします。

‥というような話をダラダラしてきましたが、しかし、『瞳』にはどうやらそろそろ大後寿々花が登場してくるそうなので、どっちにしろ、大後寿々花にすべて(榮倉奈々ともども全員)持ってかれてしまう可能性が大ですね‥。


※1‥『 僕の彼女とその彼氏(ゆうれい)Drop in Ghost』
( 2007年、日本、45分/ 監督・脚本 : 森敦司 出演 : 満島ひかり 、 柴木丈瑠 、 森本智大 、 藤岡香里 、 深澤大河 、 田村円 、 豊田一也 、 長井貴人 、 速水けんたろう 、 小野ヤスシ)この映画での満島ひかりは、『猟奇的な彼女』以上の過激なS女っぷりを披露!悪態ついて男をぶっ飛ばすことは勿論、幽霊の頭をひっつかみ、子供には馬乗りになってマウントパンチを浴びせる。のびのび演じていてなかなか悪くないのですが、で、そんな満島ひかりが魅力的かどうかというと、大いに疑問が‥。映画自体がつまらなすぎて(キレイな映像は撮れても、物語を展開してエモーションを持続させるという能力が作り手に欠けていて、結果この映画は、単なる長くて退屈なイメージビデオに留まっている)、キャラクターを作ったところで作業が終わっているので、残念ながら魅力が結晶していないと思う。


関連記事:『STILL I'M IN LOVE WITH YOU』

theme : 芸能一般
genre : アイドル・芸能

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
最新の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。