スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ユリイカ』3月臨時増刊号ほか

outiii.jpg
『アウト・ワン』


○いよいよ3月29日に公開が間近に迫った『Girl's Box/ラバーズ・ハイ』。このテの映画に対しては、現在影響力的に最大級の宣伝媒体のひとつであるだろう、『sabra』連載の中森明夫「美少女映画館」に無事(?)とりあげられていました。営業妨害にならない程度の取り上げられかたでホッとする。ま、ドラマ部分がからきしダメ的には書かれてましたが‥。


○爆音映画祭@吉祥寺バウスシアター、一般投票による上映作品枠は、決戦投票によって上位3作品が決まるとのこと。多数決かよ‥。当初はたしか期限16日までだったはずだがいつの間にか23日までに延びてる。
上位は現在、

①『ワイルドバンチ』(48票)
②『プライベート・ライアン』(35票)
③『台風クラブ』(25票)
④『宇宙戦争』(24票)
⑤『珈琲時光』『狂い咲きサンダーロード』(15票)

といった感じで、もし『台風クラブ』が落選したとしたら、アンケートとった甲斐がまるでない、ツマンナイ結果になりそう。〈上映希望作品リクエスト〉という企画は失敗か‥。映画と民主主義は、折り合いが悪いですね。


○最新作『ランジェ公爵夫人』の公開が控える、ヌーヴェル・ヴァーグの重戦車、ジャック・リヴェットのレトロスペクティヴが、フランス映画祭2008の一環として、ユーロスペース&東京日仏学院で開催中。
ペドロ・コスタとかニコラ・フィリベールの特集上映などに比べて、ぜんぜん旬な感じもしないし盛り上がる気もしませんが、リヴェットはヌーヴェル・ヴァーグの面々中最も呪われた感があって、“レトロスペクティヴ”という語感にいちばんフィットする。〈トリュフォー映画祭〉とかいっても、別にドキドキしないもの。

狙い目は『アウト・ワン』(上映時間12時間40分!!)、『現代の映画作家 ジャン・ルノワール』、次いで『デュエル』『ノロワ』あたりでしたが、どれも仕事で行けず。残念。
『地に堕ちた愛』とかソッチ方面はどうも愛せず、『狂気の愛』や『彼女たちの舞台』みたいな路線のリヴェット作品が好きな自分としては、『アウト・ワン』を劇場で観る機会を逃したくなかったのだけれど‥。
90年、リヴェット日本初公開作『彼女たちの舞台』、ローランス・コートの“まなざし”にハマった。ごく最近、その『彼女たちの舞台』がDVD化され、レンタル店にもごく普通に並び出しましたが、果たして今でも変わらずこの映画に(ローランス・コートに?)魅力されるのか?若干疑わしく、観直すのがこわい。


○『ユリイカ』の3月臨時増刊号は超永久保存版!!お題が『ジャン・ルノワール』!!責任編集が山田宏一!!ということで問答無用、全映画ファン必須アイテムの登場だ。2400円と、雑誌と考えるとやや高いかもしれませんが、書籍と考えれば信じられないほど安いとおもおう。96年、フィルムセンターで大特集上映され盛況をきわめた『ジャン・ルノワール、映画のすべて。』と併走して企画されていたムックが、13年も費やしてようやく形となったものだという。内容は全作品評論、年譜、関係者インタビューなど。巻末の寺尾次郎や角井誠による詳細なフィルモグラフィーや関連資料一覧など資料的にも充実。
山田宏一を筆頭に、中条省平、筒井武文(やっぱ異常!)、上野昴志ら執筆陣も豪華というか予定調和というか。強力な執筆陣の超力作テクスト群がひしめくなか、粉雪まみれ氏は少々気の毒な感じが‥。


○『あしたの、喜多善男』、最終回をみおえました。
『エジソンの母』や『貧乏男子 ボンビーメン』といった、自分のなかでの有力作が最後の最後で演出的にも脚本的にも腰砕けというか失速するなか、『あしたの、喜多善男』は最終回まで演出のテンションが落ちなかった。
『鹿男あをによし』の最終回も予告をみるかぎり、けっこう甘めの着地みたいでしたし、自分のなかでは今期冬ドラマのベストワンは『あしたの、喜多善男』に確定しました。

島田雅彦の小説を一度も面白いと思えたことがなくて、『夢使い』あたりを最後に小説は読んでいなかったんですが、それでも『自由死刑』は探して買った。そうさせる力が、このドラマにはあった、と思います。
ところで、たしか数週間前の『週刊文春』に載った、冬ドラに関する記事中、『~喜多善男』について、これからは渡部篤郎にいってたような役が松田龍平に押し寄せるだろう、酒井若菜に託されていたような役が吉高由里子にまかされるだろう、というふうなことが言われていましたが‥。どうもホメて言ってるらしいのですが、酒井若菜ファンのかたには悪いけど、問題にならない、比較するのも失礼なほどの大器でしょう、吉高由里子は、と思う。ピンとこないひとには、これっぽっちもピンとこないんでしょうが‥。


(‥ということで、『あしたの、喜多善男』についてはきちんと別記事で色々言いたいと思います。次記事予定は『貧乏男子 ボンビーメン』です。)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「島田 大」についてのクチコミブログをピックアップ

島田 大 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介…

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
最新の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。