スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月に爆音映画祭開催

20080225194405
あの樋口泰人率いるboidが主催する、吉祥寺バウスシアターにおける不定期イベント「爆音上映」。通常の映画用の音響セッティングではなく、〈音楽ライヴ用の音響セッティングをフルに使い、ボリュームも限界まで上げて、大音響の中で映画を見る・聴く(略)爆音によって視覚までが変容して映画そのものも違って見えるトリップ感と、大音響でなければ聞こえてこない幽かな音を聴く〉というコンセプトで行われているこの上映イベントが始まって、数年が経ちました。

その間、頻繁にというわけにはいきませんが、なるべく足繁くこのイベントに通うのは、「爆音上映」というものがもたらす“体験感”にあるんだと思います。「映画を観る」といえばDVDやらシネコンやらで観ることが主流となっている昨今(自分もどうしてもそうなってしまっています)、小綺麗とは言い難いコヤで、ガンガンビリビリ躰全体に振動をもたらす大音響とともに流れる映像を体中で受け止めていると、いつもは忘れてしまいそうになっている、〈映画〉を〈観る〉ということが(“消費”ではなく)〈体験〉だったということを、自然に体感している。そのような時を過ごすことに、貴重さを感じるからでした。

じっさいに上映されるのは音楽映画の比率が高いのですが、自分としては普通の映画(?)をこの環境で享受したくて、行くのは大体ゴダール関係やアート寄りの映画。爆音上映はいつもレイトショーもしくはオールナイトで開催されていますが、じぶんの生活環境の都合上、オールナイトに行くことは許されず、レイトショーに時折顔を出す程度でした。ほんとうはレイトショーも家庭内ハードルが高く、必見と思いつつも泣く泣く逃した爆音上映がいくつもありました。(爆音ではありませんが、現在29日までレイトショー中の前田弘二監督『くりいむレモン 旅の終わり』(@テアトル新宿)も都合をつけられそうになくて、この映画を“劇場で観た”という栄誉は、どうやら得られそうにありません‥)

そのようにこのイベント、個人的には開催時間が大いにネックだったので、このたびの「爆音映画祭開催決定!!」(@吉祥寺バウスシアター、5月17日~5月23日)というニュース、大変うれしく感じたのでした。

〈今までの爆音上映のレイトショー枠を超えて、朝から夜まで一挙拡大上映です!〉とのことで、まだ上映作品は未定のようですが、どうやら多少は足を運ぶことが出来そうなかんじ。〈また、上映作品のリクエストとボランティアの大募集も始めました〉という話で、ボランティアはチラシ配布やポスター貼りを請け負うかわりに見返りもあるとのこと。上映作品のリクエストについてはサイトや劇場他で受け付けており、22日の時点では以下のような作品が複数票を得ているようす。

『アマデウス』ミロシュ・フォアマン 2票
『イレイザーヘッド』リンチ 2票
『エンド・オブ・センチュリー』ジム・フィールズ 2票
『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』青山真治 2票
『ガンモ』ハーモニー・コリン 2票
『キャンディ・マウンテン』ロバート・フランク 2票
『ゴースト・オブ・マーズ』カーペンター 2票
『書を捨てよ町に出よう』寺山修司 2票
『仁義なき戦い』深作欣二 2票
『ダーティーハリー』ドン・シーゲル 3票
『時計じかけのオレンジ』キューブリック 3票
『爆裂都市 バースト・シティ』石井聰互 2票
『ピンクフロイド/ザ・ウォール』アラン・パーカー 2票
『プライベート・ライアン』スピルバーグ 2票
『ムーランルージュ』バズ・ラーマン 3票
『ライフ・アクアティック』ウェス・アンダーソン 2票
『ラストワルツ』スコセッシ 2票
『ラン・ローラ・ラン』トム・テイクヴァ 2票
『ROCKERS』テオドラス・バファロコス 2票
『ロッキーホラーショー』ジム・シャーマン 2票
『ラルジャン』ブレッソン 2票

‥ということで、もし得票数順に採用していったら意外性がなくてあんまり面白くないセレクトになりそう‥。『エンド・オブ・センチュリー』や『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』、『ムーランルージュ』は既に爆音上映済み(単票の『イヤー・オブ・ザ・ホース』『エスケープ・フロム・LA』『新ドイツ零年』あたりも)、上映にあたっての障害はなさそうだけど新味はないかも。『時計じかけのオレンジ』『爆裂都市』なんて普通すぎるラインナップだったら、むしろ全部行きたくなくなる気がする‥。

全般、アンケートを書いた皆さんは興味深い良い映画を選んでいて、題名を眺めているだけで楽しい。『ラストワルツ』、『ベルリン・アレクサンダー広場』ファスビンダー、『ラルジャン』、『ポーラX』カラックス、『不法労働』スコリモフスキ‥といった映画群を、あの環境で上映&観賞すると想像するとワクワクしてきます。

『ノー・ディレクション・ホーム』に1票はいってる‥スコセッシやジャームッシュ、そこら辺が爆音に強い傾向。『珈琲時光』。前に『憂鬱な楽園』やってて流石だな~とおもった。『フラワー・オブ・シャンハイ』とか『ミレニアム・マンボ』、あのあたりの不気味なのならみんないいですね。カラックスも『汚れた血』は良いに決まってるけど眉をひそめるひとの多い『ポン・ヌフの恋人』『ポーラX』はステキなチョイス、『孤高』、『夜風の匂い』、ガレルも人気、個人的には最初に観た『自由、夜』が思い出深く一番フィットしますがガレルの映画はゴダール並みにどれも爆音がよく似合いそう。カサヴェテスは『フェイシズ』もいいけど、『オープニング・ナイト』の雨の音や客席のざわめきも聴いてみたい。

大々的な(?)映画祭のまえに、3月下旬、中原昌也セレクトの爆音レイトショー&オールナイトが開催(爆音聴力破壊/密室集団決起@吉祥寺バウスシアター)、ラインナップは『ゾンビ』『要塞警察』『レディ・イン・ザ・ウォーター』『デス・プルーフ』+α、という至って真っ当なもの。この映画群はアンケートでも挙がっていたものでしたが、この映画祭直前の企画で爆音上映してまた改めて1ヵ月ちょっとですぐ再上映というのも面白くないから、映画祭ではやらないんでしょうか。

さて、自分の希望する爆音上映作品をいろいろ考えてみると、一番真面目に映画を観ていたころに接したものばっかりが浮かんでくる。そういうものなんでしょうかね。以下が爆音上映でみてみたいもの。

『風の物語』ヨリス・イヴェンス
『ひとりで生きる』カネフスキー
『悪魔のいけにえ2』フーパー
『ラ・ピラート』ドワイヨン
『バックトラック』デニス・ホッパー
『アフター・ダーク』ジェイムズ・フォーリー
『ロシアン・エレジー』ソクーロフ
『リトル・オデッサ』ジェイムズ・グレイ
『犬の年』セミョーン・アラノヴィッチ

『ヴァンダの部屋』とかはいかにもで当たり前すぎるけど、時期的にもちょうどいいかも。再評価真っ最中の鈴木則文、追悼の意味あいでエドワード・ヤン諸作とか。クーリンチェの4時間版は上映するのが難しいらしいけど(※1)『恐怖分子』じゃ当たり前すぎるので『カップルズ』なんかがちょうどいいかも。
ラース・フォン・トリアーでは個人的に『ヨーロッパ』だけが偏愛の対象ですが、おおかたの賛同はなさそう‥。セミョーン・アラノヴィッチはどれも爆音上映にピッタリくると思いますが(なかでも『海に出た夏の旅』が好き)、単に『犬の年』は未見なので、この機会に上映でもしてくれたらな~という感じ。こんなところで言ってないで、行く気なら投票しろってかんじですが、アグレッシブになったりコミットしようとするのが面倒くさい‥。
邦画を考えるのを忘れてましたが、『ア・ホーマンス』(松田優作監督)の楽曲が劇場に鳴り響くのは、是非聴いてみたい気がします。吉田喜重作品の劇伴のケレンは、ふつうに爆音上映にフィットしそうな気もしますが、どうも俗っぽさが足りなくてバウスシアターには似合わない気が。
そう思うと、たびたび上映される80年代以降のゴダール諸作やベルトルッチの映画は、露骨なほどの俗っぽさの塊。人をワクワクさせる、映画のある種の色艶やか魅力は、通俗の精神にこそ宿りますね。

爆音映画祭公式HP


※註1‥‥〈このあいだコミュニティシネマ会議の後にエドワード・ヤンの映画がどこまで日本で上映可能かという話が出ました。いちばん難しいのは『クーリンチェ少年殺人事件』なんですよね。日本にどうやら権利者はいるらしいし、素材もあるらしいんですが、特殊な会社が持っているらしくて。これをどうクリアするかです〉(『映画芸術』421号、「映画観客の意識を求めて」内藤篤(シネマヴェーラ渋谷館主)の発言)


theme : 映画情報
genre : 映画

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
最新の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。