スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワーキング・ガール』が‥

数日前、
深夜テレビで、たまたま久しぶりに
『ワーキング・ガール』
が放映されているのを見かけました。

『ワーキング・ガール』は、
80年代が終わり、90年代が始まるころ公開された、
マイク・ニコルズ監督作品で、
メインキャストがメラニー・グリフィス、シガニー・ウィーバー、ハリソン・フォードのアメリカ映画。

ニューヨークの高層ビルのオフィスを舞台に、学歴はないが感性には自負心をもつキャリアウーマンの端っこのほうに属するメラニー・グリフィスが、恋と仕事の成功を手にする物語で、

当時の日本でも流行っていた
トレンディー・ドラマとシンクロする、

有名な主題歌とも
相互に補完しあうような、

〈爽やか〉
〈オシャレ〉
〈スカッとする娯楽映画〉

というイメージで記憶していたし、
たしか、『スクリーン』だか『ROADSHOW』だかの年間ベストテンでも驚くほど上位の高評価を得ていたのですが。。

再見してビックリ、

あまりの古びように、
あまりの風化ぶりに、
ビビってたじろぎました!!

なんとな~く記憶のなかでは、『恋人たちの予感』のメグ・ライアンあたりと、そう大差ないポジションにいたような気がしていた『ワーキング・ガール』のメラニー・グリフィスですが、
じっさい久々にみたら、これは‥

‥むくんだケバいオバサンのオバケみたいで、
とてもサワヤカ映画のヒロインとは思えない!!

もっとも、メラニー・グリフィスだけがスゴいのでなくて、シガニー・ウィーヴァー以外の全女性陣が、センスのない女子プロレスラーのヒール軍団みたいに凶悪なビジュアルで、
つくづく、
トレンディーはトレンディー、
CMをネタにしたギャグのように、
恐ろしい勢いで風化するものなのだと再認識しました。

(我が国の、『どっちにするの。』や『櫻の園』あたりも、
もうコワくて観れません。。)

しかし、シガニー・ウィーバーとハリソン・フォードは、
さすが、現在の目からみても違和感なく、
スターというのは別格なんだなあと思いました。

(そういえば、思い返してみると、ダスティン・ホフマンの風貌は、全ての時代の、すべての顔かたちや服装が古びて風化してみえるな。。
それもまた一種の才能かも‥)

スポンサーサイト

theme : 映画
genre : 映画

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
映画紹介(ワ行)の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。