スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ルート225』



『ルート225』

(2005年制作/2006年公開、日本、101分)

監督:中村義洋
原作:藤野千夜
出演:多部未華子、岩田力、石原裕太、田中要次、崔洋一、嶋田久作、石田えり

もうすぐ15才になるエリ子とひとつ下の弟・ダイゴはある日突然、ふとしたはずみから、元いた世界と微妙に少しだけ違うパラレルワールドに迷いこんでしまう。何とか元の世界に帰ろうとする姉弟だったが‥。

『ローカルニュース』(99)『絶対恐怖 ブース』(05)などの監督作品や、多くの脚本作品で知られる中村義洋監督による、ファンタスティックな青春映画‥って“青春”というにはまだ早いような微妙な年頃、“思春期”の不安定な心の揺れが、ファンタジー=虚構という異物として表される。特に説明されるでも解明されるでもない、(もうひとつの)〈世界〉のコトワリの理解不能なさまは、〈思春期の不安や孤独、生きることの不条理、不確かな現実〉を表象する。“元いた”世界、であろうと、“もうひとつの”世界であろうと、どちらにしても世界は子供たちにとって生きがたい不条理でおおきな世界が眼前に広がっている事実に大差はない。

そのような思春期の困難を、現実的/日常的なリアリズムとは異なる、相米慎二~冨樫森の系列に連なる身体的/肉体的アクションの具体性に託して映像化した中村監督の手腕は頼もしいくらい堂々としています。堂々としすぎてやや“切なさ”に欠けますが、鏡にむかってしる仕草や、頭や顔を掻く身振り、歩き、走り、キックし、バッティングセンターで球をうつ、といった徹底して身体的なアクションが映画の肉体的リズムを刻む。

『HINOKIO』(05)でブレイク、『夜のピクニック』(06)でも主演を張る多部未華子は、久しぶりに若手“映画俳優”が台頭してきたという同時代的なワクワク感をかんじさせる女優さんだ。なにか芯のあるつよさをかんじさせる清涼感。たたずまいは非グラビア的で、どちらかというと表情はかたく変化に乏しいのに、その身体表面をおおう周りの空気の表情や色合いが一瞬一瞬移ろうさまは、映画ならではの出来事だとおもう。

そんな〈映画女優〉が、画面上に〈身体的アクション〉を刻みつけ、その瞳で何かを見つめれば、最低限“映画”になるということの証明。あくまで描写は軽快で、細部がスムーズに淀みなく流れていくので、意外と観る側が受け取る感慨が薄いのが惜しい。もうすこし異物感があってゴツゴツと不均一な触感があったら傑作になっていたかも。
どうでもいいことなのかもしれませんが、本作において最も印象に残るのは、〈肥満的存在〉にたいするこだわり・優遇ぶり。“ジャイアンツの高橋由伸”がどうやらこの奇妙な世界の理を担っているらしいのですが、〈もうひとつの世界〉での“ジャイアンツの高橋由伸”は「ややぽっちゃりしてる」という差異が見られるし、多部未華子にとって未知の世界、不安感が充満する不確かで不条理なこのもうひとつの世界で理解/信頼しあえるのが、岩田力演じる弟のダイゴと、石原裕太演じる友人のマッチョのふたりだけなのですが、このふたりが揃ってハッキリと肥満児。ボヨンボヨンしたふたつの肉塊を道連れに、不思議の国の冒険をつづける細身の少女。という図。作り手が肥満者で、痩身の少女に許容されたいという願望のあらわれかと勘ぐってしまう。

mo4106.jpg

スポンサーサイト

theme : 映画感想
genre : 映画

『ラブ★コン』

20060801210014.jpg

『ラブ★コン』

(2006年、日本、99分)

原作:中原アヤ
監督:石川北二
脚本:鈴木おさむ
出演:藤澤恵麻、小池徹平、玉置成実、山崎雄介、工藤里紗、水嶋ヒロ、谷原章介

身長が高すぎることがコンプレックスな小泉リサ(藤澤恵麻)と、低すぎる大谷敦士(小池徹平)はボケとツッコミの気の合ういいコンビ。音楽の趣味もあう大谷を、リサは徐々に気になりはじめ、告白を決心する‥。

テレビドラマも映画も、ここのところマンガ原作ものが隆盛をきわめるなか、今度は『ラブ★コン』が映画化。『ハチミツとクローバー』が同時期に公開されることから、何がしかのムーブメントだとしてコジツケて論じるむきもあるようですが、ヤングユーなりコーラスなりの大人の雑誌に掲載され、コミックスは老若男女にひろく読まれている『ハチミツとクローバー』に比べ、別冊マーガレットという純然たる小中高生の女子だけをターゲットに想定している雑誌に連載中の『ラブ★コン』、その映画版が勝負しなければならないのは10代の女子。
頑張っていい映画にしさえすればなんとか勝算のみえる『ハチミツ‥』とちがって、〈映画的〉であったりすることと関係なく、その年齢層の女子を満足させられるかどうかがこの映画を成立させるもの。その意味では、ほぼその層でうまった初日の出口調査で、約91%の満足度を記録し、20本ちかい同日公開作の中、第一位の数値を記録したことは、この映画が成功したという証で、大の大人がノレたとかノレないとか、出来がいいとか悪いとかいうことが殆ど意味をなさないでしょう。

男性受けするキャストでも物語でもないようで、観た回でも観客の構成は小中高生の女子と、その連れに男子がチラホラ。男性一人で来ていたら間違いなく変質者みたいだった。幸い異性と観賞することになったのでまだよかったが、それでも最年長。ギリギリセーフかとおもったが、アウトだと言われた。

ヒロインの小泉リサには『non-no』のモデルから転進、NHKの朝ドラ『天花』の主役抜擢により、全国的知名度を得た藤澤恵麻。男ウケよりは女ウケしそうな彼女、映画としては今作が『奇談』(05)につづく早くも2本目の主演作になります。
(『天花』放映時、ぼくは舞台となった吉祥寺に当時勤務していて、ぼくのいた商店街には『天花』のフラッグ(?)がズラッとはためいていたので、親近感と勝手な身内意識をいまだに抱いていて、ボンヤリと応援しているかんじがあります。)

もうひとりの主役、大谷敦士を演じるのは言わずとしれた小池徹平。数多くのドラマで俳優としての評価もたかく、ウエンツとのユニット・WaTでも歌手として売れっ子さん、映画は『誰がために』(05)に次いで2作目の映画出演か。この興行一番のウリは、これが彼の初主演映画ということであり、大きなスクリーンで小池くんの色々なファッションや表情を楽しめることにある。と思われます。

憎みようのない爽やかで好感度の高いふたりの脇で、注目は歌手の玉置成実とヘンなブレイク中の谷原章介。
ブブカのキスプリクラ連続スクープによって、どん底まで人気が落ちたうえ、『GET WILD』のカバー歌ったりと気のぬけた歌手活動で、末期症状を呈していた玉置さんですが、オバチャンのようなどっしり安定した演技で堂々たる映画デビュー!若いのに老成しすぎている感じが気になりますが、すでに完成されており、バイブレイヤーとして今後重宝されてもおかしくない。(しかし、世界的歌手になるために、なるべく若くしてのデビューを志した、とか言っていたのが、未成年のうちに脇役街道が残る道になるとは‥。)

テレビで映画で、どっちを向いてもそこら中で見かける谷原章介の“さわやかな”笑顔。いつでもキャーキャーワーワー言われる役。だからと言って同性として面白クナイとかムカツクとか思わせないし、痛々しいわけでもない、不思議なところにいるひとだ。今回の“さわやか笑顔”ぶりは、もはやサイボーグや人造人間の域に達していて、ムダのないふんわりとした動作も実にサイボーグ的。これで『極道三国志・不動』に出てたりするから油断ならない。

主人公たちが漫才的会話を交わすことが話の主軸となる物語を映像化すると、大変痛々しくなってしまうのがオチなのですが、そこに重点をおくことなく、多面的にカラフルな〈楽しさ〉をぶつけることによって、結果的に痛々しさが回避されているのが奇跡的。ムツゴロウさんのギャグなんかも、スベる危険性が高いだろうによくやるなあと、さいわい好評なようですが、危ないところをなんとか運良くクリアした。描写力不足を意匠でのりきっていくなど、殆どの要素が微妙にあやういなか、意外としっかりとストレートに伝わるものがあったのは、妙な野心を抱かず、娯楽に徹したうえに、主人公たちの心の動きを誤魔化さずにちゃんとおさえたから、感情の変化がとってつけたようでなくて、心にくる。金魚すくいのシーンや、人力車前後のシーンなど、いたたまれなさが胸にせまり、クライマックスに藤澤恵麻が叫ぶシーンでは涙が出そうになった。福岡芳穂監督の『童貞物語3』(89)の本田理沙が大声で叫ぶクライマックス同様、こういうシーンに個人的に弱い。

カラフルでポップに画面を彩る様々な意匠は、ポップすぎずオシャレすぎず、アサッテの方向(オシャレ狙い)へ逃げなかったのが、地に足ついていて空転を抑え得た。気軽にたのしくみれるうえ、(ある年頃特有の)切ないかんじもあって、観てよかったとおもった。
しかし、あえていうと、この映画、映画である必要がまったくなく、テレビドラマとして過不足なく家庭用テレビのサイズにちょうどいいおさまりかたをしてしまう点が、最大の欠点だと思います。じっさいに劇場のスクリーンで確認しなければみえてこないものなど、なにもない作りなのですが、果たしてそんなことが求められているのかどうか、心許ない。。

パンフレットは気恥ずかしくなるようなピンクを基調とした可愛らしい変形判で、なかのページもとにかくカラフル、とても男性が帰りの電車で開く勇気はもてないモノ。プロフィール欄、高校生役の人々と舞竹先生役の谷原章介のみ、詳しく生年月日や出身地などが載っていて、ほかのひとは至ってぞんざいな扱い。田中要次→〈テレビ、映画、CM、舞台などジャンルを問わず、数々の作品で活躍〉とか、寺島進→〈テレビ、CMで活躍〉とか、何も言ってないのと一緒じゃん!

theme : ラブ★コン
genre : 映画

『RENT/レント』

20060328_156284.jpg

『RENT/レント』

(2005年、アメリカ、135分)

監督:クリス・コロンバス
台本・作詞・作曲:ジョナサン・ラーソン
出演:ロザリオ・ドーソン、テイ・ディグス、ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア、ジェシー・L・マーティン、イディア・メンゼル、アダム・パスカル、アンソニー・ラップ、トレイシー・トムス

映画ファンには、キング・ヴィターやルイジ・コメンチーニによる映画化、近年ではアキ・カウリスマキの『ラヴィ・ド・ボエーム』が記憶に新しい(?)、アンリ・ミュルジェール『ボヘミアン生活の情景』を原典にもつ、プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』。この『ラ・ボエーム』を下敷きに、1990年前後の社会問題(エイズの蔓延)及びジョナサン・ラーソン自身が経験した〈成功を夢見てイースト・ヴィレッジで暮らしていた〉当時の〈さまざまな出会いと別れ〉を背景として、創出されたミュージカル『RENT』。

96年の初演直前にラーソンが急死したことも手伝って、『RENT』は伝説的な作品と化し、絶大な支持のもとロングランを続け、この映画版の日本公開をうけてか、今秋、3度目の来日公演も決まっています。

『サウスパーク』でおなじみトレイ・パーカー&マット・ストーンの凶悪人形劇映画『チーム☆アメリカ ワールドポリス』(04)でも、主人公・舞台のスターであるゲイリーが「エイズエイズエイズエイズ‥」と明らかに『RENT』をネタに歌い上げる。これは、トレイ&マットが無差別攻撃の対象とするほど、〈ミュージカル=RENT〉という堂々たるメジャー感を、あちらの国で獲得していることの証でもあるのでしょう。

今回、映画版がつくられるにあたって、ブロードウェイ初演メンバーを出来うる限り揃えたというキャスティングの意図は、このミュージカルの制作~発表当時(89年~96年ごろ)には、エイズという社会問題を筆頭とした、モデルニテとしてあった題材、物語や楽曲が、時代の流れとともにやがて風化し、空転し、『RENT』というモノが有していた熱が失われつつあるのを感じた今回の映画製作者たちが、あの時、あの時代の『RENT』にはあった“今を生きる”作品としての〈熱〉を刻み込み、永遠のものとして封じ込めるために集結せしめた、はじめから思い出の、追想のような作品として、ノスタルジックにスタートせざるをえなかったことを物語っているのではないでしょうか。だから、映画『RENT/レント』に偏在している〈かなしみ〉は、たとえば、皆に愛されているエンジェルが病み衰えて死ぬからかなしみが全編に充満しているのでなくて、はじめから運命づけられた、ノスタルジックなメランコリーが基調となっているからなのでしょう。

m-rent8.jpg


主要キャストが、薄暗いガランとしたステージに並び、ひとりひとり、小さくスポットを浴びて、「Seasons of Love」を歌い上げる。ある時代、ある場所を舞台とした、〈物語〉のある〈映画〉であることとは無縁な、純粋に、様々な歌声と、歌詞だけが響いてきて、単純な力として、感情が揺さぶられる。有無を言わせない力強さ。クリス・コロンバスなんて信用ならない、とか思っていた邪念は吹き飛んでいました。

しかし、個人的には、最大の感動シーンはこの冒頭の部分で、あとはゆるやかに平静な精神状態に近づいていきました。

主要な登場人物たちは、理由はどうあれ、他人の所有する建物を感謝の気持ちもなく占拠したり、幾度か理想だけでは生きられない厳しい現実に突き当たっても、悩んだすえに出てくる答えはいつも「自分の好きなようにやる」、といった具合に、破滅的というよりは、ただ単に幼稚な世界観から甘ったれているだけで、一年の月日が流れたり大切な友を失ったりしても成長というものがない。
元々の物語がそうなのだから、映画を作った人たちに罪はないんですが、困難に立ち向かい何事かが変容する、というドラマが生まれず、ある時代の淡白なスケッチに終始してしまっているという物語の構造が、もうひとつ、足りない感じで、最終的には感動しそこなった、冒頭でノッて感動するきまんまんだったのに。去年の家賃も今年の家賃も、来年の家賃も払わん、なんて偉そうに言うな、来年はきっとブレイクするからそのときに10倍にしてかえすとか言えないのか。血のつながってない他人のスネかじることに最後まで引け目を感じていない登場人物たちに、ひく。感情移入させる作劇なのに、そう出来なかった。

theme : 映画
genre : 映画

『リンダリンダリンダ』

main_img.jpg

体調も相変わらず悪いので‥
新しい本を読んだりできず、
それではと、

『リンダリンダリンダ』

をDVDで観なおしたりして、
なんとか時を過ごしています。

ちまた、出た評に
とくにつけ加えることもないので、
なにを言う気もなかったんですが、‥

(技術を排したドキュメンタリータッチ)
というような言葉が、
あろうことかキの付く映画雑誌で
活字になってたり、

『スウィングガールズ』との
違いがよくわかっていないような意見が
散見されたりして、

またしても
ずっとイライラしてた記憶もあって、‥

体調すぐれず
気力も出ず、
印象のような、
最初観たとき思ったことや
あとで再確認したことを箇条書きで‥↓



○一番好きなシーンは
スーパーでの買い物のシーンです。

アクションと、
感情があって、
人間関係があるのに、
自由を感じて。



○凛子役の三村恭代、
綺麗なひとなんだろうなーとは思うが、
ジャガー横田にみえた。



○最初に観たときノッたのは、
横移動のシーンではなくて、
前田亜季が外に出て、
甲本雅裕演じる先生とすれ違いざまに、

こんにちは‥

とあいさつする声、

凄いケタハズレに小っさい!!!!

映画だなあとおもった。



○同じように、
練習に遅れてきた前田亜季に、
香椎由宇がすれ違いざまに小っさい声で

「おそい‥」

というシーンもしびれました。



○香椎由宇の元彼、
電話での会話。
ルーティンでない演出、
やる、とおもった。



○観る前は、
山下監督、
3人より多い登場人物の出入りや描きわけは無理かなー、
と思っていたので、
ベースの子がキャラたたず、
ワリをくうかと予想していましたが、
望、
役の関根史織、
一番素晴らしく、
山下監督の世界にベストフィット!!



○関根史織のなにが素晴らしいって、
ヌボーとした立ち方、たたずまい、
低い声、
気力みなぎらない眼、
その眼で時折だれかをチラッとみる眼光のするどさ、
浮腫んだような顔、



○望の家族がでてくるところ、
もはやお馴染みのギャグ。



○前田亜季、
家での風呂上がりのメガネ顔、
ブスくて良い、
実は家で化粧おとすと肌も汚い、
みたいな感じで。



○家族構成がいいですよね、
関根さんとこはあの通り弟とかいっぱいいて、
前田亜季の兄、
香椎由宇のおばあちゃんとか。



○ブルーハーツをやることに決めるシーンは
ちょっと厳しい‥。
段取り芝居ぽくて。



○ソンさんをボーカルに突然誘うシーンの、
ソンさんの遠さ!!
がよかった。



○ソンさん、ペ・ドゥナは
凄いとこだらけだけど、
受付やってるときの、寝起き顔!



○ペ・ドゥナが夜ひとりで
体育館に入るシーン。
ちゃんと外靴脱いではいるのは、
映画版『世界の中心で、愛を叫ぶ』
へのイヤミかなーと
最初に観たとき思ったけど、
たぶんちがうなーと今回思いました。



○群馬県の前橋でロケしていて、
前橋のホテルでみなさん
暮らしていた。
たとのことですが、

そういえば
今年早々に
群馬県の前橋に
系列店の手助けに
数日出張に行ったんだった!!!
そいで前橋のホテルに泊まってたんだった!!!
しかも、
生まれて初めての出張。
なんで出張中に思い出さなかったんだろうなー。



○屋上で夜中語るシーン、
人がいうほど
好きじゃない。
なんか、微妙‥



○真っ暗ななかで
コソコソ小声で練習するシーンは、
好き。



○職員室でコピーとるシーンも好き。



○男子キャラ、
細かい脇役までふくめて、
みんな良い顔してる。
『おいら女蛮』で井口昇が
“永井豪とダイナミックプロ”顔な男優陣を揃えた
というのとおなじような意味で。



○〈映画のテーマ〉だとか
〈(各)登場人物の心理〉だとかと、
〈ブルーハーツの歌〉とが、
シンクロしていないとこがいいですよねー、



○ブルーハーツやるって知った
周囲の人らの、
ブルーハーツ?いいねえ~
という浅~い反応がいい。



○山下・向井コンビは
人間をみるめが確かだから、
肝心のところを外さない。のに、
人間をとらえる作業を最後の最後で放棄して、
絵作りや引用が先行してラストで失敗した
『くりいむレモン』や『ばかのハコ船』。
と同じ過ちを繰り返さなくて、
本当によかった!↓



○↑いや、
『くりいむレモン』も
『ばかのハコ船』も
大好きなんですけど、
そこが惜しい!
閉じていた。↓



○↑そこで、
閉じずに、
かつ、勝手やっているコレ、
凄いバランス!



○↑よって、
もっともグッときた評は
女池充による次の言葉。

〈『リンダリンダリンダ』には参りました。彼ら彼女らの気分を、あくまで自分たちのやり方で、考え方や価値観が違う人たちにも納得共有させ、しかも素直に面白がらせてくれてたから。普段映画作っていて、見ていて、一番足りないって感じてる、「好き嫌い、わかるわからない」って所じゃないとこに映画を持っていって、尚且つ単純に面白いって思ってもらうって壁をヒョイと飛び越えてしまった山下くんもやっぱりボクより年下……。〉



‥楽しようと思って箇条書きにしたのに。
長くなって疲れちゃった。。

theme : 邦画
genre : 映画

『るにん』、奥田瑛二

runin1a_thumb.jpg

『るにん』
(2004製作、2005公開)
企画・監督・出演:奥田瑛二
出演:松坂慶子、西島千博、小沢まゆ、麻里也、根津甚八

冒頭、
切り立った断崖絶壁、
わずかに草が生えた急斜面の荒れた地表に、
海からの風が強い豪音をたてて吹きつけ、
そこを歩む罪人らしき者と、
処刑人らしき者らが登ってゆく。

印象的な、〈ぶっころがし〉のシーン。

史実とは若干ちがうようですが、
竹で編んだ丸いおおきな籠に罪人が入れられ、
海の臨む高い高い絶壁から、
突き落とされ、
出っ張った崖や斜面に時折衝突しつつ、
海へと落下してゆく、
その凄い音!!
ビョウビョウいっている風の音と相まって、
リアルな生/死を感じさせる。

かつて流刑島だった八丈島を舞台に、
史上唯一〈島抜け〉に成功した男女の実話を基にした大作です。

監督は、『少女』につづいて2作目になる奥田瑛二。
『少女』は、映画青年の永年の夢、
念願かなったささやかな喜びに満たされているような、
可愛い映画でした。

というか、

なんか好きなんです、奥田瑛二。
ソッチ系の意味はありませんが。
どう好きかというと、
ほっとけない感じですか。スキが多いというか。

よってこの『るにん』も、
基本的には無条件に支持したいとおもいますし、

ビデオやDVDでこの映画の良さが再現出来るのか少し不安ですが、
ソフト化されたあかつきには、
なるべく多くのかたに観てもらいたい気持ちがあります。

あと、
あともう少し、
メジャーな海外の映画祭で賞を得ていれば、
ハクがついてご老人批評家にも安心してウケて、
末永く観られつづける
〈日本映画の名作〉に成り得たのに。
(調子がいいときの黒木和雄くらいの価値はじゅうぶんあると思います。って誉めてないか。って言ったら黒木和雄に失礼ですね。)

隅々まで力の、魂のこもった、
〈エモーションの器〉としての〈映画〉作品として、
誠実に、丁寧に作られていて、
それぞれのキャラクターも物語のコマではなく、
躰には血が流れ、
嘆き悲しむ魂をもち、
狂気に逃げず日々に向き合う〈まなざし〉を有する。

そんな人々が、
漠然とした自分だけの、自分の頭のなかだけの抽象的な〈自由〉でなく、
誰か、近くにいる他者の希求する〈自由〉を得るため、
行動する。

それが〈物語〉となる。

単に〈島抜け〉してバンザイ、という話でなく、
その気持ちの部分がたいせつだという話、なんだと思います。

文句があるとすると、
全部丁寧に力がこもっているから、
緩急が弱く、
作り手が掴んで欲しいと思っているポイントがあるとしたら、
それが明確に見えずに、
観るひとに流されてしまうかもしれません。
分かり易い見所、泣かせ所の欠如。
なんか、少し、長い。
と思われてしまう恐れも。。

それがまたシャイなところのある、
奥田瑛二の、
品のぃいところなのかもしれません。

theme : 邦画
genre : 映画

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ししらいぞう

Author:ししらいぞう



東京在住

調理師のようなことをやっています。

趣味は立ち読み 格闘技観戦 映画観賞

3月生まれO型  

ランキング参加中☆
良かったらクリックをお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
ブログ内検索
最近の記事
リスト
映画紹介(ラ行)の記事
カテゴリー
Category Sum
全記事一覧
あいさつ 11
映画紹介(ア行) 21
映画紹介(カ行) 19
映画紹介(サ行) 13
映画紹介(タ行) 15
映画紹介(ナ行) 7
映画紹介 (ハ行) 18
映画紹介(マ行) 9
映画紹介(ヤ行) 7
映画紹介(ラ行) 5
映画紹介(ワ行) 1
観るまえの映画のこと 19
本と映画 22
雑誌と映画 18
その他映画 36
フルモーションレーベル 14
『恋する日曜日』 13
ユーロスペース 5
本・マンガ 40
雑誌 22
ドラマ 60
いろいろなBest10 15
日記 75
作家・監督・俳優・女優 6
舞台・イベント 4
未分類 8
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
YouTubeSEARCH mini
おみくじ

©Plug-in by
FairyDances
★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。